• ご注文方法
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • english mode
HOME > 交通事故調査方針

交通事故調査方針

1 個人情報の取扱い

   公益財団法人交通事故総合分析センター(以下「センター」という。)が行う交通事故調査では、個人情報の取扱いに際し、プライバシーポリシーを遵守するとともに次により保護の徹底を図ります。

1 適正な収集

交通事故調査は、事故当事者等からの同意を得て実施します。

交通事故調査に当たっては、事故当事者等の住所、氏名、連絡先等をお聞きします。

2 利用・提供の制限

交通事故調査で収集した情報は、センターの事業目的達成のためにのみ利用します。

調査分析研究に当たっては、個人を特定する情報は利用しません。

また、その成果を公表又は提供する場合に当たっても、個人を特定する情報は一切含まれていません。

2 交通事故調査の概要

   センターの交通事故調査は、実際に発生した交通事故について、「運転者の状況」「道路の状況」「車両の状況」等を幅広く調査します。
   なお、この調査は、センターの調査分析研究のために行っており、違反や過失の責任を追及するものではありません。したがって、警察の捜査や保険会社の調査とは、全く別のものです。

3 交通事故調査で収集する情報

   センターの事故調査員は、警察署等からの連絡により、事故関係者の方々から同意をいただいた上で 調査を行います。また、事故に関する情報を医師、救急隊、警察等からも収集します。

【調査項目】

・事故概要
   事故内容、発生日時・場所、事故類型等


・人に関する項目
   当事者(運転者、同乗者、歩行者等)の年齢・性別、運転経歴、心身状態、ヒューマンエラー、危険回避行動等


・道路環境に関する項目
   道路形状、道路幅員、道路線形、路面状況、交通安全施設、交通状況等


・車両に関する項目
   車両の諸元、衝突方向・部位、車体・車室内の変形状況、シートベルトの使用状況、エアバッグの作動状況、EDR情報、ドライブレコーダー情報等


・傷害(医療)に関する項目
   負傷部位、負傷程度、死亡原因、損傷主部位、手術・入院の有無等

4 交通事故調査方法

   センターの事故調査員は、交通事故調査に当たっては、事故関係者の方々に対し、交通事故調査協力依頼リーフレットにより説明を行います。
   このリーフレットには、「交通事故調査の目的」「調査項目」「収集した情報の活用方法」等についての説明があります。
   また、同意書には、調査目的・項目、方法等の説明を受けたことに対して同意した旨の記載があります。

5 センターの事業目的

「イタルダの設立目的」のページを参照してください。


6 分析・研究の成果

「研究報告書」のページを参照してください。


7 お問合せについて

センター保有の個人データの「利用目的の通知、開示、訂正等、利用停止等」の請求に当たっては、
   ・請求年月日
   ・請求者の氏名(代理人であるときは代理人氏名および本人氏名)
   ・住所・居所、郵便番号
   ・連絡先、電話番号
   ・請求内容の区分
   ・訂正等の内容
   ・処理結果の連絡・通知方法
を記載した書面によりセンター宛に請求してください。


利用目的の通知、開示請求に当たっては、300円の手数料が必要です。
開示の実施を受けられる場合には、別途、コピー代等の費用がかかります。
ただし、費用が300円未満の場合は無料となります。


その他、個人情報の取り扱いに関するご相談について分析センター窓口または、johou@itarda.or.jpにお問い合わせください。