• ご注文方法
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • english mode
HOME > 調査における情報取扱方針

調査における情報取扱方針

1. 個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

公益財団法人交通事故総合分析センター(以下「センター」という。)は、個人情報の重要性を認識し、個人情報に関する法律等を遵守するとともに、以下のプライバシーポリシーを制定し、個人情報の保護を徹底します。

1 個人情報の適正な収集

センターが行う交通事故調査は、事故当事者等からの同意を得て実施します。
この調査に際しては、事故当事者等の住所、氏名、連絡先等をお聞きします。

2 利用・提供の制限

交通事故調査で収集した情報は、センターの事業目的達成のためにのみ利用します。
分析・研究に際しては、個人を特定する情報は利用しません。
また、その成果を公表又は提供する際にも、個人を特定する情報は一切含まれていません。

3 安全管理措置の徹底

センターは、収集したデータの漏えい、滅失又はき損の防止、その他適正な管理のために必要な措置を講じます。

4 危機管理

センターの所有するデータへの不正アクセス、紛失、破壊、改ざん及び漏えい等に関する万全の予防措置を講じることにより、個人情報の安全性・正確性の確保を図り、万一の問題発生時には速やかな是正措置を講じます。

5 継続的改善

個人情報保護を適正かつ確実に維持するため、その運用状況について定期的に監査し、継続的に改善を図ります。

お問い合わせや苦情・相談

個人情報の取扱いに関するお問い合わせやその他苦情・相談等のお申し出を頂く場合は、センター又はEmail:johou@itarda.or.jp 宛にご連絡下さい。

2. 交通事故調査の概要

事故例調査の意義

事故例調査は実際に発生した交通事故について「運転者の状況」「道路の状況」「車両の状況」などを幅広く調査します。
なお、この調査は、分析センターの研究のために行っている独自のもので、違反の責任を追及するものではありません。したがって、警察の捜査や保険会社の調査とは全く別のものです。

3. 交通事故調査で収集するデータ

分析センターの事故調査員は警察署等からの通報によって事故発生現場へ急行し、事故関係者の方々から同意をいただいた上で調査を行います。また、医師・救急隊・警察からは事故に関するデータを収集します。

調査項目

事故内容

事故内容、発生日時・場所、事故類型等

人に関する項目

当事者(運転者、同乗者、歩行者等)の年齢・性別、運転経歴、心身状態、ヒューマンエラー、危険回避行動等

道路環境に関する項目

道路形状、道路幅員、道路線形、路面状況、交通安全施設、交通状況等

車両に関する項目

車両の諸元、衝突方向・部位、車体・車室内の変形状況、シートベルトの使用状況、エアバッグの作動状況等

傷害(医療)項目

負傷部位、負傷程度、死亡原因、損傷主部位、手術・入院の有無等

4. 交通事故調査フロー

調査方法

分析センターの事故調査員は事故現場に急行し、臨場調査を行います。
調査に当たっては、交通事故調査協力依頼リーフレットで事故調査について説明し同意をいただいた上で左下の調査項目の内容についてうかがいます。

5. 交通事故調査協力依頼リーフレット

このリーフレットには「交通事故調査の目的」「調査項目」「データの活用」「個人情報開示等の手続き」などについて説明があります。
イタルダの事故調査員は交通事故の現場で、このリーフレットを使用して当事者に説明し同意をいただきます。

リーフレット

6. 「同意書」について

事故現場での調査を開始する前に、交通事故調査協力依頼リーフレットで交通事故調査の目的や意義を説明し、当事者から同意書をいただいております。

同意書

9. お問い合わせについて

個人データの「利用目的の通知、開示、訂正等、利用停止等」の請求にあたっては
・請求年月日
・請求者の氏名(代理人であるときは代理人氏名および本人氏名)
・住所、郵便番号
・連絡先、電話番号
・請求の区分とその内容
・処理結果の連絡・通知方法
の各項目について記載した書面により分析センター宛に請求してください。

利用目的の通知、開示の請求に当たっては、300円の手数料が必要です。
開示の実施を受けられる場合には、別途コピー代等の費用がかかります。
ただし、その費用が300円未満の場合は無料となります。

その他、個人情報の取り扱いに関するご相談について分析センター窓口または、johou@itarda.or.jpにお問い合わせください。