• ご注文方法
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • english mode
HOME > 理事長からのご挨拶

理事長からのご挨拶

理事長
理事長 石川 正

 (財)交通事故総合分析センターは、平成4年(1992年)3月に、警察庁、運輸省(当時)、建設省(当時)から認可を受け、公益法人として設立され、同年6月には、国家公安委員会から道路交通法に基づく「交通事故調査分析センター」の指定を受けました。また平成24年(2012年)4月に公益財団法人に移行し、「公益財団法人 交通事故総合分析センター」となりました。

 当センターが設立された平成当初のころは、交通事故が増勢に転じて交通事故死者数が毎年1万人を超え、「第2次交通戦争」ともいわれるような極めて深刻な交通情勢にあり、真に効果的な交通安全対策を推進するためには、交通事故を的確かつ徹底的に解明した上で、より効果的な施策を推進していくことが不可欠でありました。

交通事故は、「人」「道路」及び「車」の三要素を中心に、様々な要素が複合的に作用して発生すると言われていますが、当時は交通事故事例の総合的な調査分析もなされておらず、各種交通統計も各行政機関によって各々保有されており、その有機的な結合がなされておりませんでした。
 当センターはこのような情勢の下、言わば「時代の要請」によって誕生しました。

センターの主な事業内容は、
 ・交通事故と「人」「道」「車」に関する情報の収集と管理
 ・個別の交通事故の調査(いわゆるミクロ調査)
 ・総合的な調査分析研究
 ・調査分析研究成果の提供(関係行政機関に対する提言等を含む)及び交通安全思想の普及
 ・海外研究機関との交流 など 
であります。

調査分析研究成果は、インターネット等で閲覧可能でありますが、アクセス状況は年々大幅に増加してきており、センターの活動が広く理解されつつあるように思います。
  なお、平成4年以降の交通事故死者数は、官民挙げての交通安全施策が奏功し、大幅な減少傾向にありますが、当センターの活動も少なからず寄与しているものと存じます。
 お陰様をもちまして、当センターも設立後20年余を経過しましたが、職員一人ひとりが、我が国における唯一の「交通事故総合分析センター」としての社会的役割を設立当時の原点に立ち返って再認識し、交通事故のない社会の実現に向けて一層積極的に取り組んで参りますので、宜しくご支援賜りますようお願い申し上げます。